FreeBSD で遊ぼう(BBB編)

あなたは
1 5 3 8 9 9 9
人目のお客様です。 (本日229人目、昨日581人) (from 2007-09-30)

5.5.10.FreeBSD で遊ぼう(BBB編)
5.5.BeagleBone Blackで遊ぼうのこーな

5.5.10.FreeBSD で遊ぼう(BBB編)

この節では、BeagleBone Black に FreeBSD をインストールして遊びます。

(0) はじめに

2017年7月26日にFreeBSDの新Ver 11.1-Releaseがリリースされました。

これを記念し、FreeBSD 11.1R (ARM版) をインストールします。 ちなみに、元ネタは、FreeBSD 公式Wikiです。


(1) 用意するもの

現時点でのFreeBSD(BBB版) では、残念ながらHDMIが不十分です。

前記5.6.3節で示した 通常物の他、 ネットワークケーブルを用意し、リモートログイン可能としてください

母艦パソコンはFreeBSDでなくても、通常のLinuxでも可 (筆者はVMware上Ubuntuで用意)


(2) 母艦の準備

母艦は、SDHCカードアダプタをもつLinuxマシンで以下解説します

筆者のSDHCカードアダプタは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に応>じ読み替えてください


(3) 母艦での作業

① FreeBSD のBeagleBone Black用のイメージをダウンロードしてください

   FreeBSD ミラーサイトから、イメージをダウンロードしてください

② 中身が丸ごと消えてもいいmicro SHDCカードを用意し、アダプタに接続

  次の手順で、全パーティションが消されて一から作成されます。 mount されていたら umount ください。

③ 適当な作業ディレクトリに移動し、上記イメージを格納したのち、以下のコマンドを実行してください

  (チェックサム確認)
 $ sha256sum FreeBSD-11.1-RELEASE-arm-armv6-BEAGLEBONE.img.xz
  66fb05143c93f6b4290c79aac41623a097140be6fd8e95639dfcecfc7486b2a6 FreeBSD-11.1-RELEASE-arm-armv6-BEAGLEBONE.img.xz
  (イメージ展開)
 $ unxz FreeBSD-11.1-RELEASE-arm-armv6-BEAGLEBONE.img.xz
  (SDへの書込)
 $ sudo dd if=FreeBSD-11.1-RELEASE-arm-armv6-BEAGLEBONE.img of=/dev/sdb bs=1M
 $ sudo sync

(4) BeagleBone Black 起動

上記で作成したmicro SHDCカードをBeagleBone Blackにセットし、電源をつなげばBeagleBone Black が起動します。

  ※ このときSDカード起動を強制するため、SDカード挿入口裏にあるブートボタンを押しながら電源ON

起動したら、初期ユーザはfreebsd パスワードfreebsdです。起動したらすぐにパスワード設定してください

また、root のパスワードrootです。これもすぐにパスワード設定してください

(tips)
Failed to mount ext2 filesystem... Unrecognized filesystem typeって出て、起動しない場合ですが、
上記スイッチが起動時にうまく押せていません。電源を入れる前から押し続け、画面にブートし始めたメッセージが出たら放してください

初期起動時にルートの容量をSDカード最大まで広げるのにかなりの時間を要します。気長にお待ちください

また、筆者の環境でHDMI出力画面の上下左右の一部が見えなくなるトラブル発生。

ssh でログインできますので、DHCPから払い出されているIPアドレスを推定してsshしてください


(5) 初期設定

PCの場合はインストール時に訊かれて初期設定するのですが、ARM版はそこまで整備されていませんので、ここで設定します。

① 初期ユーザー追加

  # adduser で追加してください。聞かれる内容はPCと同じです

② TimeZone 設定

  日本標準時(JST)を設定するには、以下設定し、その後、時刻を正しく設定してください

 # cp /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

③ IPアドレスを固定するには、/etc/rc.conf に以下追記

 # ifconfig_DEFAULT="DHCP"  ←この行はコメントアウト
 ifconfig_cpsw0="inet 192.168.2.2       ← 自局IP
 netmask 255.255.255.0
 broadcast 192.168.2.255"
 defaultrouter="192.168.24.1"  ← ルーターのIP

  /etc/resolv.conf も設定必要ですが、以前にDHCPで立ち上がったことがあれば設定が残っています

 nameserver 192.168.24.1

④ pkg を初期化します

 # pkg upgrade -f

⑤ boot時にボタンを押すのが面倒な方は、、emmcからのbootを封じます

 # gpart unset -a active -i 1 mmcsd1

再度emmcからのbootを許すには

 # gpart set -a active -i 1 mmcsd1



5.6.Raspberry Pi3で遊ぼうのこーな
5.5.9.Fedora25 で遊ぼう (BBB編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー