Fedora32 で遊ぼう (Pine64編)

あなたは
2 4 8 8 1 8 7
人目のお客様です。 (本日249人目、昨日462人) (from 2007-09-30)

5.5.8.Fedora32 で遊ぼう (Pine64編)
5.5.Pine64 で遊ぼうのこーな

5.5.8.Fedora32 で遊ぼう (Pine64編)

(0) はじめに

この章では、2020年4月28日にリリースされた Fedora32をインストールします。 ちなみに元ネタはPine 公式wiki

(1) 母艦の準備

① Fedora が走っている環境を用意してください (筆者はVMware上で用意)

  パッケージも最新のものにアップグレードしておいてください

② フルサイズSDHCカードアダプタを用意ください

  筆者のものは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に応じ読み替えてください

(2) 母艦での作業

① 中身が丸ごと消えてもいいフルサイズSDHCカードを用意し、アダプタに接続

  次の手順で、すべてのパーティションが消されて一から作成されます。

② 母艦Fedora起動し、適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してください

 (プレビルドされたイメージ取得)
 $ wget https://builds.armdevelopers.com/pine64-plus/releases/stable/Fedora32-Server-202008.0.pine64-plus.img.xz
(チェックサム確認)
 $ md5sum Fedora32-Server-202008.0.pine64-plus.img.xz
  df868e4022726b9326ea52bae1cd9008  Fedora32-Server-202008.0.pine64-plus.img.xz
(イメージ展開)
 $ unxz Fedora32-Server-202008.0.pine64-plus.img.xz
(SDへの書込)
 $ sudo dd bs=1M if=Fedora32-Server-202008.0.pine64-plus.img of=/dev/sdb

(※上記はサーバー用イメージです。他に同じディレクトリにXfceイメージもありますが、筆者の環境で起動に失敗)

(3) Pine64 起動

① 先ほど作成したmicroSDHCカードを Pine64 にセット

② Pine64 にCRT、USBキーボードを接続

③ 電源用USBケーブルをつなげば Pine64 が起動します。

④ 初期ユーザ「root」、初期パスワード「fedora」です



5.5.9.Arch Linux で遊ぼう(Pine64編)
5.5.7.Open SUSE で遊ぼう (Pine64編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー