Beagleboard-xM遊びに必要な持ち物

あなたは
1 9 8 0 8 3 8
人目のお客様です。 (本日519人目、昨日765人) (from 2007-09-30)

6.2.3.Beagleboard-xM遊びに必要な持ち物
6.2.Beagleboard-xMで遊ぼうのこーな

6.2.3.Beagleboard-xM遊びに必要な持ち物

この節では、Beagleboard-xM で遊ぶのに必要な持ち物について、紹介します。

(1) 電源アダプター

cardreader
5V2A、センタープラス、内径2.1mm、外径5.5mmの標準タイプ のものを用意してください

(2) HDMIケーブル

Beagleboard-xM は、画像出力が HDMI 端子になっているので、HDMI端子のハイビジョンテレビに繋ぐには左図のHDMIケーブルを用意してください。
DVI-D端子のモニターに繋ぐには、さらにHDMI→DVI-D変換器も繋いでください

(3) ディスプレー

display
Beagleboard-xM は、画像出力が HDMI 端子になっているので、HDMI端子のハイビジョンテレビに繋ぐのが手軽でお勧めです。
上でも書いてますがDVI-D端子のモニターに繋ぐ場合は、さらにHDMI→DVI-D変換器も用意してください

(4) USB キーボード/マウス

keyboard mouse
GUI で遊ぶには、左記の入力用キーボードとマウスも用意してください
面倒でなければ、今お使いのパソコンのを一時付け外ししてもいいです。
--- ここから、必須ではないですが、筆者お勧め ---

(5) 母艦パソコン

パソコン
Beagleboard-xM は、この手のボードでは珍しく、内蔵 Flashメモリを持って おり、
最初から Ubuntu がインストールされていますので、 母艦パソコンが無くても
遊べます。 が、OSを載せ替えて遊ぶため、 母艦パソコンはぜひ用意してください。

(6) OSインストール用メディア

microSDHC
microSDHC、8GB以上のものを 用意してください

(7) USBカードリーダ

cardreader
上記OSインストールメディアを読み書きできるカードリーダを 用意してください



6.2.4.添付SDでテスト起動(Beagleboard-xm編)
6.2.2.Beagleboard-xMの日本での入手方法

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー