Fedora33 で遊ぼう (Beagleboard-xM編)

あなたは
2 4 8 6 4 8 5
人目のお客様です。 (本日104人目、昨日696人) (from 2007-09-30)

6.2.10.Fedora33 で遊ぼう (Beagleboard-xM編)
6.2.Beagleboard-xMで遊ぼうのこーな

6.2.10.Fedora33 で遊ぼう (Beagleboard-xM編)

(0) はじめに

この章では、2021年4月27日にリリースされた Fedora34をインストールします。 ちなみに元ネタはFedora 公式wiki

(1) 母艦の準備

① Fedora が走っている環境を用意してください (筆者はVMware上で用意)

  パッケージも最新のものにアップグレードしておいてください

② フルサイズSDHCカードアダプタを用意ください

  筆者のものは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に応じ読み替えてください

(2) 母艦での作業

① 中身が丸ごと消えてもいいフルサイズSDHCカードを用意し、アダプタに接続

  次の手順で、すべてのパーティションが消されて一から作成されます。 最初から消しておくことを推奨

② Fedora 公式サイト ARM ベースのコンピューター向けの Fedora イメージのサイトから、

  イメージをダウンロードします。以下の例ではARM デスクトップ向け Xfce Fedora Workstationを使っています

③ インストーラ・スクリプトをインストールします

 # sudo dnf install arm-image-installer

④ 母艦 Fedora 起動し、適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してください

 (チェックサム確認)
 $ sha256sum Fedora-Xfce-34-1.2.armhfp.raw.xz
 988ee7376900ce06f63d66924c10309ff9cc92b39b988ea0c5787986a9c11566 Fedora-Xfce-34-1.2.armhfp.raw.xz
(SDへの書込※筆者例)
 $ sudo su
 # fedora-arm-image-installer --image=Fedora-Xfce-34-1.2.armhfp.raw.xz --target=omap3_beagle --media=/dev/sdb --selinux=OFF --norootpass --resizefs --addconsole 
 # sync 

※1: 各オプションの意味は

   --image=Fedora-Xfce-34-1.2.armhfp.raw.xz :イメージファイル名を指定

   --target=omap3_beagle :ボード機種名

   --media=/dev/sdb : 書き込み先

   --selinux=OFF : SElinux は面倒なのでオフにしました

   --norootpass : ルートのパスワードは面倒なので消しました。インストール後設定してください

   --resizefs : ルートの容量をSDカードいっぱいに広げます

   --addconsole : 起動失敗時にすぐわかるよう、シリアルへのコンソール出力を有効にしました

(3) Beagleboard-xM 起動

① 先ほど作成したSDHCカードを Beagleboard-xM にセット

② Beagleboard-xM にCRT、USBキーボード、USBマウスを接続、ハイビジョンテレビも可(自動認識されます)

③ 電源をつなげば Beagleboard-xM が起動します。

④ 起動すると、初期ユーザー名とパスワード、timezoneを聞かれるので入力



6.2.11.Open SUSE 12.3 で遊ぼう (Beagleboard編)
6.2.9.Ångstrom Linux で遊ぼう (Beagleboard編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー