petitbootで遊ぼう(Odroid-M1編)

あなたは
3 2 6 2 6 7 4
人目のお客様です。 (本日129人目、昨日707人) (from 2007-09-30)

5.3.5.petitbootで遊ぼう(Odroid-M1編)
5.3.Odroid-M1で遊ぼうのこーな

5.3.5.petitbootで遊ぼう(Odroid-M1編)

(0) はじめに

このODROID-M1は通常はeMMCまたはμSDカードからブートするのですが、 USBからもブートする方法があります

また、eMMCは、アダプタが無いと書込みが難しいのですが、ODROID-M1そのものをアダプタ化する方法があります

この章では、その書き込み方法と具体的なブート事例を紹介します

ちなみに元ねたは公式フォーラムです。


(1) 用意する持ち物

ディスプレーとHDMIケーブル、μSDカード、USBキーボードを用意してください


(2) petitbootのバージョン確認

SDカードやeMMCを取り外し、HDMIケーブルのみつなぎ、 電源をつなぐとpetitbootが立ち上がります

この時、一番上の行にpetitbootのバージョン日付が表示されます

この時、petitbootが立ち上がらない場合は、次節(3)に、立ち上がっても、調子が悪い場合は(4)節に、問題がなけれは飛ばして(5)へお進みください


(3) petitbootの初期書き込み

petitbootが立ち上がらない(書き込まれていない)機体へのpetitboot書き込みをに行います

petitboot の書き込みには、母艦にて、putitiboot書き込み用SDカードを作成し、

そのSDカードでbootすると自動で書き込んでくれます。 以下、その手順を解説

① 母艦の準備

 (a) Ubuntu が走っている環境を用意してください (筆者はVMware上で用意)

 (b) microSDHCカードアダプタを用意ください
   筆者のものは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に応じ 読み替えてください

② 母艦での作業

 (a) 中身が丸ごと消えてもいいmicroSDHCカードを用意し、アダプタに接続

   次の手順で、すべてのパーティションが消されて一から作成されます。 最初から消して

   おくことを推奨

 (b) 母艦Ubuntu起動し、適当な作業ディレクトリに移動しイメージを取得 書き込んでください

 (U-boot書き込み用イメージ取得)
 $ wget http://ppa.linuxfactory.or.kr/images/petitboot/odroidm1/spiupdate_odroidm1_20220304.img.xz
(チェックサム確認
 $ md5sum spiupdate_odroidm1_20220304.img.xz
 dddfac842021e8107ef43db97297504d  spiupdate_odroidm1_20220304.img.xz
(イメージ展開)
 $ unxz spiupdate_odroidm1_20220304.img.xz
(SDへの書込)
 $ sudo dd bs=1M if=spiupdate_odroidm1_20220304.img  of=/dev/sdb

 (c) ODROID-M1 起動

   先ほど作成したmicroSDHCカードを ODROID-M1 にセット

   ODROID-M1 にCRT、USBキーボードなどは一切繋がないでください

   特にeMMCは必ず外してください

   電源をつなげば ODROID-M1 が起動し、自動で書き込まれます


(4) petitbootのバージョン更新

petitbootは動くものの、調子が悪い機体の場合、petitbootを更新下さい

① 母艦の準備は、上記(3)節と同様

② 母艦での作業

 (a) 先頭に起動パーティションがあるmicroSDHCカードを用意し、アダプタに接続

  なんて言われても面倒なので、 Ubuntu Focal Fossa で遊ぼう (Odroid-M1編)を見て、

  Ubuntu起動用SDカードを作成して接続してください

 (b) 上記パーティションに更新用データを流し込み

 (更新用データ取得)
 $ wget http://ppa.linuxfactory.or.kr/images/petitboot/odroidm1/spiboot-20220908.img
(チェックサム確認)
 $ md5sum spiboot-20220908.img
 edfefb584cd05e77cc997d6f888fddfc  spiboot-20220908.img
(名前を付け替え)
 $ mv spiboot-20220908.img spiboot.img
(上記パーティションのマウント)
 $ sudo mount -o rw /dev/sdb1 /mnt/
(イメージの流し込み)
 $ sudo cp spiboot.img /mnt/
(後始末)
 $ sudo umount /dev/sdb1 

 (c) 上記でできたSDカードにて、通常起動すると、自動でpetitbootが更新されます


(5) USBからのブート

以上で、μSDも、eMMCも刺さなければ、SPIのU-bootからブートするようになります

USBからブートするには、μSDにイメージを書くのと同じ手順でUSBに書き込み、USB3.0の青い口に刺すだけです

電源を入れれば、特に設定しなくても、自動で起動します


(6) eMMCへの書き込み

eMMCに母艦から書き込むには、付属のアダプタを使うのが一番お手軽なのですが、 何せ小さな部品

なので、紛失することも多々あります。

このような場合に、ODROID-M1本体をアダプタ代わりにして、eMMCに書き込むこともできます

以下、手順を紹介します

① petitbootの起動

  上記(2)節で説明した切り替えスイッチを「SPI」側にセットします

  ODROID-M1本体にはHDMIケーブル、USBキーボードを差し、eMMCを取り付けます

  母艦パソコンとの間にUSB(Btype)テーブルを、USB-OTGポートにつなぎます

  電源をつなぎます

② petitbootの設定

  電源を入れて、このまま放置すると、eMMCからOSがブートしてしまうので

  キーボードからカーソルを下へ動かして「Exit to shell」を選択します

  以下のようにコマンドを打ち込みます

 (接続されている機器一覧)
 # ls /dev/mmc*
  /dev/mmcblk0 /dev/mmcblk0boot0 /dev/mmcblk0boot1 ……(※筆者例)
(eMMCを母艦側から見えるように設定)
 # ums /dev/mmcblk0
 # 

  (※注1) キーボードは英語キーボードとみなされるので、'*'を打つにはshift+'8'です

③ eMMCの書き込み

  以上でeMMCが母艦からはUSBメモリと見えるようになります。あとは通常の書込と同じ



5.3.6.Android 11 で遊ぼう (Odroid-M1編)
5.3.4.コンソールを繋ごう(Odroid-M1編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー