eMMC が母艦から書き込めない場合の対処

あなたは
1 8 7 9 0 5 6
人目のお客様です。 (本日128人目、昨日748人) (from 2007-09-30)

5.1.8.eMMC が母艦から書き込めない場合の対処
5.1.Odroidで遊ぼうのこーな

5.1.8.eMMC が母艦から書き込めない場合の対処

(0) はじめに

eMMC ですが、筆者の環境で、付属しているアダプタ経由で読み書きできませんでした。

どうも、付属アダプタは電力をかなり食うらしく、普通のSDHCアダプタに繋ぐと電力供給が不足するようです

公式フォーラムではトランセンド製 TS-RDP5を使えと書いてあり、 それを買うと確かに動いたのですが、

改めて買うのもお金もったいない

そこで、ODROIDのことはODROIDにやらすということで、本体を使ってeMMCに書き出す方法を紹介します

ちなみに、元ネタはこちら

(1) 必要な持ち物

① eMMC、② microSDHC カード、③ ODROID本体、④ 別売りのUSB-シリアル変換器、⑤ 母艦パソコン

(2) 母艦とODROID本体の準備

① 母艦にて、eMMC に書き込むイメージファイルをダウンロードしておきます

② ODROID をとりあえず SDカード上のUbuntu で立ち上げますので、

  5.1.6節の母艦でSDカード作成まで進めてください

(3) ODROID本体での作業

① まずは、eMMCを取り外し、上記SDカードのみ接続してODROID起動します。

  上記5章の作業がうまくいっていれば、普通に立ち上がる。この時u-bootもOSも当然eMMCは認識無し

② 別売りの「USB-UART Module Kit」を繋いでコンソールからログイン

  5.1.4節に従って繋いでください

③ ここから、SDカードのブートアーギュメントをいじります

  (a) /media/boot に移動

  (b) boot.ini を編集し、最後の行のroot=の部分を修正

setenv bootrootfs "console=tty1 console=ttySAC2,115200n8 root=/dev/mmcblk1p2 rootwait ro"  

④ コンソールから シャットダウンし、u-boot の入力待ちにする

  このとき、u-bootの入力待ちにするためにスペースキーを押すのですが、タイミングが難しく、ボーとしてる

  と再度Ubuntu起動してしまいます

  シャットダウン中に「 * Will now restart」と表示されたらスペースキーを連打してください

  プロンプトが「Exynos4412 # 」と表示されたらu-boot入力待ち成功です

  このとき、数行上に「Checking Boot Mode ... SDMMC」と表示され、SDカードからの起動モードになっている

  ことを確認ください

⑤ eMMC をつなぎ、u-boot に boot 入力

  こうすることで、u-bootからはeMMC が認識されていないが、OSからは認識されるようになる

  最初からeMMCを繋いでおくと、u-bootから認識され、eMMCからOSが立ち上がり、書き換えできない

  プロンプトが「root@odroid:~# 」と表示され入力待ちになったら成功です

⑤ いろいろと確認、チェック

  (a) “ls /dev/mmcblk*” とし、少なくとも/dev/mmcblk0 と /dev/mmcblk1 の2つが表示されるのを確認

    どちらかしか表示されない場合はeMMCが認識されていません。上記手順を再度試してください

  (b) “mount -l” とし、ルートのマウント元を確認

    筆者の環境では、以下のように表示され、SDカードは/dev/mmcblk1、eMMCはもう一つの

    /dev/mmcblk0 で認識されていることがわかります

/dev/mmcblk1p2 on / type ext4 (rw,noatime,errors=remount-ro) [rootfs] 

⑥ アンマウント

  eMMC でマウントされているスライスがあればアンマウント。筆者の環境では/media/boot/をアンマウント

  する必要がありました

(4) 母艦から書き込み

SSH を用いて母艦から書き込みます。ODROIDにダウンロードしてODROIDで書き込みでもいいんですが、SDカードの容量が不足するので、ここでは母艦からネット経由で書き込みます

 $ dd if=xubuntu-13.04-desktop-armhf_odroidu2_20130503.img | ssh root@odroid dd of=/dev/mmcblk0 

  ここで、「odroid」はodroidのIPアドレスに読み替えてください

(5) ODROID起動

電源を落とし、SDカードを抜いて、eMMCだけでのブートを確認して終了です



5.2.Odroid-C2で遊ぼうのこーな
5.1.7.Debian Jessie で遊ぼう (Odroid編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー