コンソールを繋ごう(Pine64編)

あなたは
3 2 6 2 6 7 2
人目のお客様です。 (本日127人目、昨日707人) (from 2007-09-30)

5.6.4.コンソールを繋ごう(Pine64編)
5.6.Pine64 で遊ぼうのこーな

5.6.4.コンソールを繋ごう(Pine64編)

(0) はじめに

多くのLinuxディストリビューション で遊ぶにはコンソール無しでもイケますが、 起動しないときに、何が問題なのか調べるためには、 シリアルコンソールが必要になります。本節ではその方法を説明します。


(1) 用意する持ち物

① USB-TTLシリアルコンバータ(3.3V) ( 筆者例:FTDI社製)

  一般のシリアルと違い組み込み系では電圧が3.3Vのものがよく使われます。 3.3V用のシリアル

  通信機材を用意してください。

② ブレッドボード・ジャンパーワイヤ(オスーメス) x3本


(2) 通信接続

Pine64 EXT header pins
図7.Pine64 EXヘッダー接続ピンの並び
RaspberryPi port pins
図8.筆者所有のUSB-TTLシリアルコンバータピン配置
  右図7はPine64 のpine64マークを読める
  位置に置いた時にそのマークのすぐ下の
  EXPピンヘッダーを拡大したものです。
  このうち、今回使うのは矢印で示している
  3本のピン(7番8番9番)です。
  通信条件は、115200bps、データ長8ビッ
  ト、ストップビット1、パリティ無、
  フロー制御無です

  これを、シリアルコンバータとクロスに
  繋ぎます
  接続には、ブレッドボード・ジャンパー
  ワイヤ(オスーメス)を使います
  筆者所有の物は図8の配置になっており、

  GND → (#9ピン)GND
  RxD → (#7ピン)TxD
  TxD → (#8ピン)RxD

  と、クロスに繋げばOKです。



5.6.5.Armbian Jammy で遊ぼう (Pine64編)
5.6.3.Pine64 遊びに必要な持ち物

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー