Armbian Focal で遊ぼう (Pine64編)

あなたは
2 4 8 8 1 7 3
人目のお客様です。 (本日235人目、昨日462人) (from 2007-09-30)

5.5.5.Armbian Focal で遊ぼう (Pine64編)
5.5.Pine64 で遊ぼうのこーな

5.5.5.Armbian Focal で遊ぼう (Pine64編)

この節では、Pine64 にUbuntu をインストールして遊びます。

(0) はじめに

2020年4月23日に“20.04 LTS Ubuntu Focal Fossa”がリリースされました。

これを記念し、Pine64 へのインストール記事を書こうと思います。 ちなみに元ねたはArmbian 公式です

(1) 母艦の準備

① Ubuntu が走っている環境を用意してください (筆者はVMware上で用意)

② microSDHCカードアダプタを用意ください
    筆者のものは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に応じ読み替えてください

(2) 母艦での作業

① 中身が丸ごと消えてもいいmicroSDHCカードを用意し、アダプタに接続

  次の手順で、すべてのパーティションが消されて一から作成されます。最初から消しておくことを推奨

② 母艦Ubuntu起動し、適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してください

 (プレビルドされたイメージ取得)
 $ wget https://armbian.hosthatch.com/dl/pine64/archive/Armbian_20.11.3_Pine64_focal_current_5.9.14.img.xz
 (チェックサム確認)
 $ sha256sum Armbian_20.11.3_Pine64_focal_current_5.9.14.img.xz
 c63fed88bda77b48500a7d410e2f306db3e3d6382faf79e5c9ac8c216520c058 Armbian_20.11.3_Pine64_focal_current_5.9.14.img.xz
(イメージ展開)
 $ unxz Armbian_20.11.3_Pine64_focal_current_5.9.14.img.xz
(SDへの書込)
 $ sudo dd bs=1M if=Armbian_20.11.3_Pine64_focal_current_5.9.14.img of=/dev/sdb

(※上記はCUI用です。同じ所にGUIイメージもあるのですが、筆者の環境でGUI立ち上後、画面が真っ白になり操作不可に、sshでログインは出来た)

(3) Pine64 起動

① 先ほど作成したmicroSDHCカードを Pine64 にセット

② Pine64 にCRT、USBキーボードを接続

③ 電源用USBケーブルをつなげば Pine64 が起動します。

④ 初期ユーザ「root」、初期パスワード「1234」です

  初期起動時に、強制的にパスワードを変更させられます。事前に考えておいてください

⑤ パッケージのアップデート

 $ sudo apt-get update
 $ sudo apt-get upgrade 


5.5.6.Armbian Buster で遊ぼう (Pine64編)
5.5.4.コンソールを繋ごう(Pine64編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー