Armbian Bullseye で遊ぼう (RockPro64編)

あなたは
2 8 3 3 5 4 8
人目のお客様です。 (本日167人目、昨日800人) (from 2007-09-30)

5.7.7.Armbian Bullseye で遊ぼう (RockPro64編)
5.7.RockPro64 で遊ぼうのこーな

5.7.7.Armbian Bullseye で遊ぼう (RockPro64編)

(0) はじめに

この節では、RockPro64 に Armbian Bullseye をインストールして遊びます。

ちなみに元ねたはArmbian公式です。

(1) 母艦の準備

カードアダプタをもつLinuxマシンを用意してください。 筆者はVMWare 上 で Ubuntu を用意

筆者のカードアダプタは /dev/sdb で認識されます。以後説明で必要に 応じ読み替えてください

パッケージは最新のものにアップグレードしておいてください

(2) 母艦での作業(最小環境のインストール)

① 中身が丸ごと消えてもいいmicroSDHCカードを用意し、アダプタに接続

  次の手順で、すべてのパーティションが消されて一から作成されます。最初から消しておくことを推奨

② 母艦Ubuntu起動し、適当な作業ディレクトリに移動し、以下のコマンドを実行してください

 (プレビルドされたイメージ取得)
 $ wget http://armbian.chi.auroradev.org/dl/rockpro64/archive/Armbian_22.08.1_Rockpro64_bullseye_current_5.15.63.img.xz
 (チェックサム確認)
 $ sha256sum Armbian_22.08.1_Rockpro64_bullseye_current_5.15.63.img.xz
 b501a54c3e977b6d19728ad6414a7146983951537a73bf01841e7548fa746367  Armbian_22.08.1_Rockpro64_bullseye_current_5.15.63.img.xz
(解凍)
 $ unxz Armbian_22.08.1_Rockpro64_bullseye_current_5.15.63.img.xz
(SDへの書込)
  $ sudo dd bs=1M if=Armbian_22.08.1_Rockpro64_bullseye_current_5.15.63.img of=/dev/sdb
  $ sync

(3) RockPro64 起動

① 出来上がった起動メディアをRockPro64 にセット

② RockPro64 にCRT、USBキーボード、USBマウスを接続、ハイビジョンテレビも 可(自動認識されます)

③ 電源をつなげば RockPro64 が起動します。

④ 初期ユーザー「root」パスワード「1234」です。

  初回起動時にrootのパスワードを強制的に変更させられます。事前に考えておいてください

  また、その時に一般ユーザーも強制的に作成させられます。 ユーザー名とパスワードも

  事前に考えておいてください

(4) 日本語化

① RockPro64 用Armbianは優秀で、最初の起動時にココが日本であることを判定し

ローケール等を日本に勝手に設定してくれます

② ただし、詰めが甘く、日本語フォントが不足し表示が文字化けし、表示が崩れます

③ 何とかして、RockPro64のIPアドレスを割り出し、sshからログインしてください

(一番最初のCUIでの起動時に、表示されますので、メモしておいてください)

③ その他、初期設定は以下ツールを起動

 $ sudo armbian-config  

この初期設定ツールの使い方については公式サイトを参照

(5) SSD以外からのブート

Armbian Buster においてはSPI(USB/NVMe) ブートで遊ぼう(RockPro64編)の手順で、USB、NVMeからのブートに成功しました。

特段の設定の必要はありませんでした



5.7.8.Open SUSE で遊ぼう (RockPro64編)
5.7.6.Armbian Jammy で遊ぼう (RockPro64編)

ichmy本家サイト

ガジェットで遊ぼうのこーなー